遺言相続.JP yuigon-souzoku.jp

SHINONOME 私たち東雲グループの理念

相続のご相談受付中!安心の初回相談無料!電話相談、メール相談、来所での相談OK ご相談はこちら

ホーム > 相続基礎知識 > 相続人とは? > 法定相続人と法定相続分

法定相続人と法定相続分

法定相続人

被相続人の配偶者 配偶者は、常に相続人となります。
被相続人の子
(実子・養子)
子がいる場合、その子が相続人となり、配偶者以外の親族は相続人となりません。
被相続人の孫 子がいない場合、孫が相続人となります。
被相続人の親 子も孫もいない場合、親が相続人となります。
被相続人の兄弟 子も孫も親もいない場合、兄弟が相続人となります。

法定相続分

被相続人の配偶者

被相続人の配偶者は、他に相続人がいなければ全相続財産を相続しますが、他に相続人がいる場合、他の相続人が子や孫の場合は相続財産の半分、他の相続人が親の場合は相続財産の3分の2、他の相続人が兄弟の場合は相続財産の4分の3を相続します。

被相続人の子

子の法定相続分は、配偶者がいる場合は相続財産の半分を、配偶者がいない場合は全相続財産を、子の数で割った割合になります。

被相続人の孫(代襲相続)

子が被相続人よりも先に死亡していた場合、その子(被相続人の孫)が親に代わって相続します。これを代襲相続といい、法定相続分は子の場合と同様であり、もし孫が複数人いれば、さらに孫の数で割った割合になります。

被相続人の親

子や孫がいない場合、被相続人の親が相続人となります。そして、親の法定相続分は、配偶者がいる場合は相続財産の3分の1を、配偶者がいない場合は全相続財産を、生存する親の数で割った割合になります。

被相続人の兄弟

子・孫さらに親もいない場合、被相続人の兄弟が相続人となります。そして、兄弟の法定相続分は、配偶者がいる場合は相続財産の4分の1を、配偶者がいない場合は全相続財産を、兄弟の数で割った割合になります。

文字サイズの変更

岩上公一

代表弁護士 岩上  公一 神奈川県出身 東京弁護士会

当事務所では、遺言相続の豊富な経験を踏まえ、お客様のご要望に応じて迅速かつ丁寧に対応させていただいております。 お困りの際は、お気軽にご相談下さい。


  • SHINONOME 東雲総合法律事務所
  • 東京都中央区日本橋本石町
    3-2-6 ストークビルヂング本石4F

  • 平日9:00~18:00
    土日(夜間)対応可 ※要予約
  • メールでのご相談

遺言相続.JPは東雲総合法律事務所星野合同事務所が共同で運営しています。

Copyright (C) 2014 東雲グループ, All Rights Reserved.