遺言相続.JP yuigon-souzoku.jp

SHINONOME 私たち東雲グループの理念

相続のご相談受付中!安心の初回相談無料!電話相談、メール相談、来所での相談OK ご相談はこちら

ホーム > 相続基礎知識 > 遺産分割とは? > 寄与分とは?

寄与分とは?

共同相続人の中で、亡くなった方の療養看護をした人がいたような場合、その人の相続分を多くするのが、実質的に公平です。そこで、法律では寄与分という規定を設けて、相続人間の公平を図るようにしています(民法第904条の2)。

「共同相続人中に、被相続人の事業に関する労務の提供又は財産上の給付、被相続人の療養看護その他の方法により被相続人の財産の維持又は増加について特別の寄与をした者があるとき」は、遺産の総額から寄与分をあらかじめ除いて相続分を計算し、特別の寄与をした者には相続分に加えて寄与分も相続できることとしています。

寄与分が認められるのは、「特別の寄与」といえる場合です。妻が通常の家事をしていた場合などは、夫婦間の協力義務の範囲内と考えられ、「特別の寄与」とはいえません。

「特別の寄与」といえる例

  • 農業などの自営業を行っていて、相続人が無償で働いていた場合。
  • 相続人が持参金などの自分自身の財産を使って、被相続人に財産を取得させた場合。
  • 被相続人の借金を肩代わりしてあげた場合。
  • 常に付添看護が必要な重度の認知症の被相続人を看護していた場合。
  • 被相続人の生活費を支払っていた場合。

寄与分の決定は、まずは共同相続人の協議で決めます。協議がまとまらない場合には、家庭裁判所の調停、審判で決めることになります(民法第904条の2第2項)。

※寄与分は相続人にしか認められません。相続人でない人が、どんなに亡くなった方の療養看護をしていたとしても、全く財産を相続することはできません。例えば、長男の嫁が義父の療養看護をしていたような場合です。このような場合には、生前贈与か遺贈を受けるようにしておく必要があります。

文字サイズの変更

岩上公一

代表弁護士 岩上  公一 神奈川県出身 東京弁護士会

当事務所では、遺言相続の豊富な経験を踏まえ、お客様のご要望に応じて迅速かつ丁寧に対応させていただいております。 お困りの際は、お気軽にご相談下さい。


  • SHINONOME 東雲総合法律事務所
  • 東京都中央区日本橋本石町
    3-2-6 ストークビルヂング本石4F

  • 平日9:00~18:00
    土日(夜間)対応可 ※要予約
  • メールでのご相談

遺言相続.JPは東雲総合法律事務所星野合同事務所が共同で運営しています。

Copyright (C) 2014 東雲グループ, All Rights Reserved.